コーヒーの通販は「珈琲きゃろっと」で

 
 
 


  1. 本日ご提案させて頂く商品は、スペシャルティコーヒーの魅力と当店の想いをギッシリと詰め込んだコーヒーライフの「あり方」が変わるような、今までにない商品です

    この商品を端的に表現するなら
    インスタントコーヒーの簡便さで、 プロ顔負けの味が楽しめる全く新しいコーヒー』です。 .

    あなたは、次のどれに当てはまるでしょうか?

    美味しいインスタントコーヒーを探している
    コーヒーを淹れる器具を持っていない
    朝は忙しくてコーヒーを入れている時間が無いけど、美味しいコーヒ-が飲みたい
    家で美味しいコーヒーが飲みたいけど、ドリップするのは面倒
    自分でドリップしているけれど、味が安定しない
    ちょっとした時間に、直ぐに美味しいコーヒーを淹れられたら便利なのに
    急な来客のときにでも、すぐに美味しいコーヒーを出してあげたい
    コーヒー豆を贈ってあげたいけど、先方が抽出器具を持っているかどうかわかならい
    ありきたりな商品を贈りたくない

    あなたがもし、上記にひとつでも当てはまるのであれば、ご自宅で簡単に、至極のコーヒーを飲むことができる。 そんな、ありそうで無かった夢のようなコーヒーをご提案致します。

    この商品。名前は「Cafest(カフェスト)」としました。

    ・『カフェ(Cafe)』で味わうコーヒーの美味しさが『エスト(est)』 最上級の状態で閉じ込めてある事。
    ・『カフェ』でホッと一息『Rest(休息)』が取れるような・・・、

    あなたの『Best』で『Happiest』なコーヒーライフになる様に願いを込めて・・・
    そんな沢山のこだわりと想いを、ぎっしりと詰めこんだネーミングにしました。

    カフェスト」は・・・

    コーヒーについての知識が全くなくても プロ顔負けのコーヒーを淹ることができます。
    ミルやドリッパー、コーヒーメーカーなどの道具が無くても、問題ありません。
    時間が無くても、簡単に、すぐに美味しいコーヒーを淹れることができます

    やっとの思いで作り上げることのできた、この「カフェスト」を紹介できる喜びは何にも代えがたいものがあります。

    それでは「どうしてカフェストを作ったのか? 」「どういうコーヒーなのか?」を詳しく説明していきますね。
 


 

【お客様から頂いたメール】
 

  1. 同じようなお問い合わせは他にも幾つか頂いています。

    「普段は挽いて淹れる時間まではありません。すぐ飲めたら良いんですけどね
    「きゃろっとのコーヒーを贈答品に使ってあげたいけど、先方が道具を持っているか分からないんです

    こういったお客様のお問い合わせが 「もっと手軽においしいコーヒーを飲むことは出来ないか?」という自問自答をするきっかけになりました。

    そんな事を考えていた頃の出来事です。

    僕はいつも旅行に行く際は、外出先でも美味しいコーヒーを飲むために、当店の特殊な抽出方法で抽出した高濃度のコーヒー液を急冷してから瓶に詰めて、持ち出すようにしています。
    ※当店の抽出方法の詳しい説明は→コーヒーの美味しい淹れ方(応用編)

    この方法で抽出したコーヒーだと、熱による酸化の影響を受けないので、外出先で熱湯を注ぐだけで、美味しいコーヒーが飲むことができます。

    その日も、いつものように、旅行前日の夜、コーヒー液をガラスビンに詰めてから冷蔵庫で保管していました。ですが、旅行当日、娘が高熱を出してしまい、予定が急きょキャンセルになってしまったんです。

    それから、一週間ほど経過したころでしょうか、冷蔵庫を開けると、すっかり忘れていた「ビン詰めのコーヒー液」を見つけました。当然劣化しているとは思ったのですが、職業柄「どの程度の味の変化があるのか?」というのが気になり、飲んでみることにしました。

    1週間経過したコーヒー液を飲んでみて驚きました。

    旨い!!

    その後の検証で、このときは様々な要因が偶然重なって劣化を免れていたことが分かったのですが、今まで「抽出後の時間経過=劣化」と考えてた僕には大きな衝撃でした。
    その時に、先程のお客様の声が頭をよぎりました。そして、こんな風に考えたのです。

    このコーヒーを安定して提供することができれば、最良の答えになるのでは無いか?

    僕の中に、想い描いていたコーヒーライフの新しい扉が開くような、 ワクワクした気持ちが湧いてきました。

    なぜなら、今まで僕はこんな風に考えていたからです。

    適切に焙煎された、品質の高い豆を買って頂き、お客様に「正しい方法」で抽出して頂く

    これが、ご自宅で美味しいコーヒーを召し上がって頂くための「絶対条件」だと考えていました。もちろん、この想いは今でも変わっておりません。

    コーヒー豆を自分で挽き、色々と試行錯誤しながら、安定した味を追求していくというのも、コーヒーの楽しみ方の一つですし「豆を挽いて抽出する」という作業自体がコーヒーライフの一部となっている方も多いでしょう。

    ですが、一方で、先ほどのメールのように、このようなお問い合わせも数多く頂いていました

    「普段はドリップで淹れているけど、忙しいときでも簡単に淹れられれば最高ですね
    「ちょっとした集まりがあるのだけど、短時間で人数分コーヒーを淹れる方法はありませんか?
    「会社できゃろっとのコーヒーを飲みたいけど、給湯室でドリップは無理なので、我慢して缶コーヒーを飲んでいます

    このコーヒー液を商品化できれば、こういったお客様の声に対しても全て応える事ができるのではないかと思ったんです。

    先ほどの説明と重複してしまいますが、今まで僕は美味しいコーヒーを自宅で味わって頂くためには
    適切に焙煎された、品質の良い豆を買って頂き、お客様にご自分で「正しい方法」で抽出して頂く】というのが絶対条件だと考えていました。

    ですが「コーヒーの正しい抽出」と一口に言っても、コーヒー豆がカップに至るまでには沢山のファクターがあります。

    ・粉の挽き加減(メッシュ)
    ・使用する粉量と抽出量の比率
    ・抽出温度
    ・抽出時間
    ・フィルターの素材、形状
    ・コーヒーポットの素材
    ・おいしい水

    上記を全て完璧に行っているお客様というのはどの位いるでしょうか?
    おそらく、ほとんどいらっしゃらないと思います。

    当店の実店舗は北海道にあるのですが、長期休暇などを利用して、毎年沢山のお客様が遊びに来てくれます。普段は通販でコーヒー豆をご購入頂いているのお客様です。

    そういったお客様に実店舗でコーヒーを召し上がって頂くと、多くの方が
    同じ豆を使っているのに、家で飲むときと全然味が違う!」と感激されて帰っていきます。

    特別なことは行っていませんが、当店の場合、豆の個性を素直に出すために、コーヒー粉や液に接触する全ての部分は、外部の臭い、味などが付着しないような素材を使用しています。

    また、お一人当たりのコーヒーに、たっぷりの粉を使用することで、美味しい成分のみをカップに抽出するようにしております。

    ですが、これを家庭で行うとなると、よほどのコーヒー通の方でもない限り、すごく面倒です

    計量カップで豆を計り、温度計で湯温を計り、美味しい水を使用して、ホーロー製のポットでお湯を沸かし、適切なサイズのネルを使用して、抽出時間をピタリと合わせ、最適のポイントで抽出をストップ・・・さらに味を安定させるために、一杯取りの際でも、2人前の量を抽出しています。

    もちろん、ご自宅でもこの方法で抽出して頂くのが、コーヒー屋の僕としては最も嬉しいです。
    ですが、多くのお客様は「そこまでこだわるのは面倒」と考えているのではないでしょうか。

    カフェストは「焙煎→豆を挽く→抽出する」という、 様々な道具や技術が必要な作業を、全てきゃろっとの実店舗で提供するコーヒーと同じ環境で行います。

    あなたに行って頂く作業は「カフェストにお湯を注いで4〜5倍に薄めるだけ」です。

    まさに、インスタントコーヒーの簡便さで、きゃろっとの味が出せるという夢のようなコーヒーです。

    「エッ!!?濃度調節って、お湯で薄めるってこと!?」と心配になる方もいらっしゃると思います。

    ですが、ご安心ください。 実は、きゃろっとの実店舗でも同じ抽出方法でコーヒーをご提供しております。 雑味やエグ味の出ない抽出方法です。

    この方法を説明すると、コーヒー通のお客様ほど「そんな抽出方法は聞いたことが無い」と眉をひそめます。

    「そんな抽出方法はアメリカンの抽出方法と一緒じゃないか」とか
    「濃縮コーヒーということですよね?それなら市販されてますよ」

    といったご指摘されるお客様もいらっしゃいます。

    ですが、一見、お湯で割る方法というのは、アメリカンの抽出と同じように思われますが、抽出の考え方や、出来上がるコーヒーの成分量が根本的に違います。

    いわゆる、抽出後のコーヒーをお湯で割る「アメリカン」は。一定量のコーヒー粉から、成分を抽出しきった「通常濃度のコーヒー液」に対して、お湯でさらに薄める方法です。

    この方法ですと、抽出後のコーヒー液には雑味成分や渋み成分などが多量に含まれています。そのコーヒー液をさらにお湯で薄めるため、出来上がりのコーヒーの濃度はとても薄くなります。つまり、出来上がりのコーヒーは、雑味成分たっぷりの薄いコーヒーです。

    一方、当店の抽出方法は、1杯あたりの豆の使用量を増やすことで、通常の3〜4倍の濃度のコーヒー液を作ります。しかも、このコーヒー液はいわゆる「濃縮コーヒー」とは違います

    濃縮コーヒーというのは、抽出されたコーヒー液を、水分を飛ばすことで高濃度にする方法です。
    この方法の場合、少量のコーヒー粉から、なるべく沢山のコーヒー液を抽出するために、雑味成分も含め、限界までコーヒーの成分を抽出してから水分を飛ばします。抽出効率を良くした方が、原価を抑えることができるため、商業的にみると効率が良いからです。

    ですが当店の抽出方法では「たっぷりの粉を使用し、美味しい成分だけが抽出されたところで、抽出をストップする」という方法で高濃度のコーヒー液を作っております。

    抽出後に濃縮は一切行わず、純粋に「コーヒーの良い部分だけを濃く抽出した液体」ですから、一旦成分を抽出しきってから、水分を飛ばすことで濃縮する液体と比べると、同じ濃度でも、コーヒー液に含まれる成分が全く違います。

    この方法は、とても抽出効率が悪く手間と時間が掛かりますが、コーヒーの良い部分だけを抽出しているため、お湯で通常濃度まで薄めたときに、とてもクリーンなコーヒーになります。

    カフェストは熱湯を注いだ時にコーヒーの最も飲みごろの温度である「60〜70℃」になるよう、4〜5倍の濃度設定に致しました。
    ※当店基準では4倍濃度ですが、濃いと感じる場合は5倍希釈でも美味しく召し上がれます。

    ただ、カフェストを商品として完成させるまでには、沢山のクリアしなければならないハードルがありました。



 
  1. 目標とする形は見えたのですが・・・。 では、どうすればカフェストを商品として実現することができるのか・・・。

    まず最初に考えたのは製造の外部委託です。

    コーヒー抽出後の液体を販売するには、新たな製造許可や設備施設の新設が必要の為、外部のメーカーさんへお願いして作ってもらおうと考えました。 ですが、ここで問題が発生します。

    先ほども説明しましたが、コーヒーの抽出には、沢山のファクターが絡んできます。

    ・粉の挽き加減(メッシュ)
    ・使用する粉量と抽出量の比率
    ・抽出温度
    ・抽出時間
    ・フィルターの素材、形状
    ・コーヒーポットの素材
    ・抽出に使う水の品質

    上記のように沢山のファクターがあるため、全ての条件どころか、上記の半分の条件すら満たすことができる製造業者様でさえ、ひとつもありませんでした。

    なるべく多くの条件を満たせる製造業者様に依頼して、サンプルを作って頂きましたが、僕が望んでいるようなコーヒー液にはなりませんでした。決して悪くはない味です。ですが、完璧な味ではありません。あの「1週間経過したビン詰めコーヒー」の味には遠く及びませんでした。

    この程度の味ならば、当店のお客様は納得してくれないだろう・・・」

    考えてみれば、当たり前です。僕が作りたいと考えていたコーヒーというのは、大量生産向けの工場ラインには全く向きません。効率が悪すぎるんです。特に問題だったのが、コーヒー液の製造時間です

    高温状態のコーヒー液は、時間が長ければ長いほど、コーヒーの味へ決定的なダメージを与えてしまいます。
    生産ラインでは一度に何百リットルものコーヒーを抽出しますから、抽出から瓶詰めまでには、どうしても時間が掛かってしまうため、大量生産向けの工場できゃろっとの実店舗と同じ味を再現するというのは、無理があったのです

    その後も、数社にサンプルをお願いしましたが、結果は似たりよったり

    なるべく時間を掛けずに充填するためには、少量のコーヒー液を抽出した段階で、すぐに瓶詰めする必要がありました。でも、そんな設備を整えた工場はどこにもありません。

    「やはり、商品化は無理なのか・・・」

    諦めかけたのですが、当店のスタッフの一言で、流れは一気に変わりました。

    外部委託で作ることができないなら、自分たちで、やってしまえばいいのでは?

    その言葉を聞いて僕はハッとしました。

    製造飲料水製造業の許可が必要ならば、許可を取れば良い。
    設備が必要ならば自分で最良の環境を用意すれば良い。

    当たり前のことを忘れていました。
    僕は「全て自分で創り上げる」という最も重要な部分を最初から放棄していたんです。

    この一言で、納得した商品を作り上げるために、外部に任せるのではなく、 すべて自分たちで一からやってみよう、という結論に達しました。

    自信をもっておすすめできなければ、 どんなに「もう一歩」まで商品が仕上がっていても、提供しすべきではないと考えていたからです。

    逆に、お湯を注いで頂くだけで、きゃろっとのカフェの味を再現することができれば、 僕たちは自信を持っておいしいコーヒーとして胸を張ることができます。

    だから、カフェストには、全ての工程で沢山のこだわりが詰まっています。 そのこだわりは実店舗のカフェでコーヒーを提供するときをベースとし 改良を重ねました。

    1、カフェストに適したスペシャルティコーヒー豆を厳選
    このためだけに厳選した、焙煎したてのコーヒー豆を使用いたします。もちろんスペシャルティコーヒーです。吟味に吟味を重ね選んだ豆を、カフェスト用に最適な焙煎を行い使用します。

    2、独自の抽出方法
    きゃろっとではおいしいコーヒーの淹れ方として 雑味成分を限りなくゼロにし、良質な成分のみピンポイントで抽出するしたものを、 お湯で濃度を調節する方法をオススメしています。 単純に濃く抽出したコーヒーを薄めるのでは雑味やエグ味も一緒に飲むことになってしまうんです。 ですから、きゃろっとでは本当においしい部分だけを抽出したカフェストを濃度調整して仕上げていただきたいのです。 幾度のテストを行いましたが、この分量、抽出具合で決定的な味のクオリティが生まれます。 だから、使用する豆は通常より約3割以上多くはなりますが、この部分には絶対のこだわりがあります。

    3、抽出は、全て手作業のネルドリップにて行います。
    きゃろっとのカフェでは全てネルドリップで抽出しお客様へ提供しています。 コーヒーオイルや香味が最も良い状態で出せる形ですので同じ抽出方法で行います。 少量ずつ抽出するため、作れる量がかなり限定されますが、妥協はできません。

    4、「触れるもの全て」に最適の環境を
    コーヒーは非常にデリケートな飲み物です。熱に弱く、異物の臭気も吸着しやすい。ですから、抽出開始から、ビン詰めまで、コーヒー液が触れる全ての材質が、コーヒーの味に影響を及ぼします。フィルター、ドリッパー、熱湯を注ぐ配管、コーヒー液の貯蔵タンク、最終的にコーヒー液を詰める容器など・・・。きゃろっとでは、これらの味に影響を及ぼす要素を限りなく少なくすることで、豆本来が持つ味わいをそのままビンに詰め込むことができました。また、熱による酸化防止のため、少量ずつのネルドリップ抽出をすることで、大量生産では難しい短時間での充填を行っています。商品化に当たり最も苦労した部分ですが、出来上がりのコーヒーのクオリティには決定的な違いが生まれました。

    他にも沢山のこだわりと技術を注ぎ込み作り上げていくコーヒーベースですが、 抽出後のコーヒーベースをおいしい状態でお届けするためには まだまだ数多くのハードルを越える必要がありました。




  1. カフェストの実現に至るまでには、膨大な時間と繰り返し行うテストを経て やっとの思いでたどり着きました。 テストは多岐にわたっていましたが、一部だけお伝えすると、

    1、抽出濃度と経過時間による味の変化
    2、経過時間と温度、保存状況の因果関係
    3、安心なコーヒーをお届けするための複数の菌検査
    4、外部専門機関の指導による衛生設備の新設
    5、充填する容器による味、香り、保存の関係
    6、製造ラインの衛生テスト、作業工程確認テスト など・・・

    他にもたくさんありましたが書ききれません。

    また、最適な味を作り上げるためのテスト(豆の種類、焙煎、挽き方)、抽出方法、ドリップ方法の改良などを複合した実験も含め、「これだ!」と心底納得が行くコーヒーが出来るまでには気の遠くなる期間を要しました。

    ですが、試行錯誤は苦ではありませんでした。 僕自身がコーヒーのことを考えている時間が好きというのもありますが、何よりも、カフェストが完成することで、多くのお客様に、新しいコーヒーライフの提案ができると信じていたからです。

    その甲斐あってか、初めに作り上げる予定だったものよりも、はるかに 高いクオリティと使いやすさを実現できています。

    カフェストは、淹れたてのコーヒーとは違った魅力のあるコーヒーです。

    お客様にウソはつきたくないので、予めお伝えしておきますが、カフェストの特徴として、カップから立ち上る香り(アロマ)に関しては、当店の実店舗で抽出した淹れたてのコーヒーには及びません香りというのは、揮発性の物質のため、この部分はどうしても淹れたてのコーヒーの方が優れています。

    ですが、抽出からの時間経過によって「酸味」や「苦み」の角が取れることで、カフェストで淹れたコーヒーは、全体的に円い印象のコーヒーになります。まろやかで、優しいマウスフィールと心地よい余韻は、逆に、淹れたてのコーヒーよりも優れています。

    このように、カフェストで淹れたコーヒーは、抽出仕立てのコーヒーとは違った味わいがあります。

    当店の常連のお客様にご協力いただき「カフェスト」と「当店で抽出したてのコーヒー」を目隠しで試飲してもらい「どちらが美味しかったですか?」というテストを実施したところ、約4割のお客様が「カフェストの方が美味しい」という結果になりました

    余談として、同じ要領で「市販のインスタントコーヒー」と「当店の淹れたてコーヒー」との比較実験も行いましたが、全てのお客様が「淹れたてのコーヒーが美味しい」という結果になりました。
    ※普段から当店をご利用頂いているお客様なので、当たり前の結果といえばそれまでですが・・・

    カフェストの品質が、いかに優れているか、お分かり頂けると思います。

    また「カフェスト」の楽しみ方はホットコーヒーだけではありません。

    水で薄めればアイスコーヒーになりますし、ミルクで薄めればカフェオレとしても美味しくお召し上がりいただけます。

    そのまま、アイスクリームにかけても、とっても美味しく召し上がれます。
    2倍希釈にして、コーヒーゼリーを作っても絶品です。コーヒー味のスイーツづくりのベースとして使用しても良いですね。

    パーティーやイベントなどに持参しても、すぐに美味しいコーヒーを楽しむことができます。
    使うのはお湯だけですから、贈答用にお贈りしても喜ばれるのではないでしょうか

    キャンプや登山などのアウトドアでも、外出先で美味しいコーヒーを楽しむことができますね。

    このように、カフェストは様々なシーンに合わせてご使用頂けます

    実は先行でカフェの常連のお客様に試していただいたのですが その時の感想を少しだけ紹介しますね。


    【お客様の声1】
    きゃろっとさんでコーヒーについて教えてもらっていますので、他所の店のコーヒーはあまり好きではありません。きゃろっとさんで飲むか、豆を買って自分で淹れるかが最も美味しいと思っています。 このコーヒーはその次に美味しいですね。きゃろっとさんの店の味は、この店の空気もスパイスの一つですし、自分で淹れたコーヒーは自分の努力賞分の贔屓が入りますからね。 うん、うまい。そう素直に言えない中年親父より。       北海道 男性 50代


    【お客様の声2】
    無理言って店先ではなく瓶詰でサンプル貰ってスミマセン!けど、けど! 朝の自分お時間が凄くバラ色〜! 毎日旦那さんを送り出して子供たちが学校に出かけた後にある、一時の安らぎタイム。 コーヒーを淹れたいけど、見たいテレビもあるし、けど時間は限られていて、ムムム〜〜 と言う時に救世主のようにピッカリと輝いてこの瓶コーヒーが見えました(感謝!。 味も香りも言う事なしです! 素敵な午前中の(グ〜タラ?)一時にテレビとコーヒー両方満喫できました。 週末には旦那さんに豆からコーヒーを淹れてもらいますので、またきゃろっとさんへ買いに行きますね。
    北海道 女性 40代

    こういったお客様の声のように、カフェストは様々なシーン、ライフスタイルに合わせてご利用頂けます。

    ただ、最後まで改善でき無かった事が一つだけあります。 それは製造のスピードです。 先にもお伝えしたとおり全て手作業で作るため、また、安易に瓶詰めするのではなくしっかりとした衛生基準と製造基準で作り上げるため、 どうしても作れる量は限られてしまいます。

    色々と説明した上で申し訳ございませんが、品質を下げるわけにはいかないため、 通常は翌営業日の発送となりますが、ご注文状況によっては、出荷まで数日のお時間を頂く場合がございますことを予めご理解下さい



 
  1. ここまでお付合いいただき本当にありがとうございます。 僕がこの「カフェスト」を通じて是非お伝えしたいことは 「もっと気軽に、楽に、 いろんなシーンでコーヒーを楽しめたら良いな」と言うことです。

    日本人の約8割の方がコーヒーを飲むと言われていますが、 きっとまだおいしいコーヒーに出会っていない方がとてもたくさんいらっしゃると思います。 そんな方々が、おいしいコーヒーと出会うきっかけになれるよう、様々な準備を整えたのが この「カフェスト」です。

    今まで諦めていたシーンでおいしいコーヒーが飲めたら・・・
    会社でのちょっとした一時においしいコーヒーが飲めたら・・・
    ピクニックで自然に囲まれておいしいコーヒーが飲めたら・・・
    大切な方へ、何の心配も無く大好きなコーヒーを贈れたら・・・
    普段コーヒーを飲まない方が目からウロコのコーヒーを贈れたら・・・

    考えるとワクワクしてきませんか? そんな期待で胸がいっぱいになります。

    また、 僕は今まで「豆」での販売を強くおすすめしてきました。 ですから、このカフェストの販売には、お客様によっては邪道、矛盾と言った気持ちを持つ方もいらっしゃるかもしれません。

    ですが、先ほどもお伝えしましたが、豆のおすすめに対して、僕の想いは何ら変わっておりません。

    焙煎したてのコーヒー豆をお客様ご自身で挽いて頂き、ご自分で抽出してコーヒータイムを楽しんで頂くことが、コーヒー屋の僕としては最も嬉しいですし、コーヒー本来の香りの複雑さや、それぞれの嗜好に合わせる細かい違いは豆でのご購入が最も良いと言う持論に変化は全くございません。

    ですが、カフェストを販売に踏み切ったのには、理由があります。

    新たに、一人でも多くの方に素晴らしいコーヒータイムを過ごしていただきたいという想いはもちろん、長く当店をご利用頂いているドリップ派のお客様にも、カフェストを通した、新しいライフスタイルをご提案できると思ったからです。

    実は、僕自身も1日に何度もコーヒーをドリップしますが、カフェストも常飲しています。

    ちょっとした空き時間に「1杯だけコーヒー飲みたいな」なんてときにカフェストは最適です。また、外出先に持っていくだけでどこでも美味しいコーヒーが楽しめます。さらに、パーティーやイベントの際にも手軽にお客様にコーヒーをご提供することができます。「カフェスト」は、本当に沢山の可能性を秘めた新しいドリンクです。

    今の僕にできる最大限の技術と知識をフル活用して、全ての悩みを吹き飛ばせるくらいの出来栄えを目指し、やっと満足できる商品を作ることができました。

    大手コーヒーメーカーさんのインスタントコーヒーや濃縮タイプのポーションとは全く違うテイストとフレーバーでありながら、利便性は引けをとりません。

    細やかな生活のワンシーンを、今よりさらに魅力あるものに・・・

    そんな想いを込めて。 この「カフェスト」があなたに素敵な時間を提供できる事を願っています。


 
 

 
Cafest (カフェスト) 
グァテマラ・ラ・クプラ農園 365ml


価格:1,980円(税込)
内容量:365ml
※約1,800mlのコーヒー液が取れます(5倍希釈時)

賞味期限:製造より3ヶ月。開栓後は要冷蔵にて7日以内にお召し上がり下さい。

購入数:





TOPページ 店舗概要 ご利用案内 買い物カゴ マイページ
珈琲きゃろっと
〒061-1373  北海道恵庭市恵み野西1-25-2
→お問い合わせ
【営業日、営業時間】(実店舗も同様)
定休日:毎週水曜日(年末年始・GW・お盆期間はお休み)
※土曜日はお電話対応をお休みさせて頂いております。
営業時間 10:00 〜 17:00
   
   

■当店は、SCAJ「日本スペシャルティコーヒー協会」の加盟店です。

Copyright 2000-2010  coffee carrot. All Rights Reserve