コーヒーの通販は「珈琲きゃろっと」で



きゃろっとでも人気があるインドネシアのマンデリン。


生産地のテロワールを色濃く醸し出すコーヒーのひとつとして、世界のコーヒー愛好家の間でも定評の高い銘柄です。


近年気候変動やハイブリッド品種の台頭で、独特なマンデリンフレーバーが失われつつあるとの声も聞かれますが、ブルーバタックは、独自の設備により管理することで安定したクオリティを維持しています。


今回ご紹介するフタジュル村は、ドロクサングル市から南方のオナンガンジャン地区の標高1300m〜1500mに位置しています。


今までコーヒーの生産地として注目されておりませんでしたが、高い標高と恵まれた土壌、伝統品種を栽培する割合が高いことから高品質なコーヒーを生産することで注目されるようになりました。


また、このフタジュル村で収穫されたマイクロロットコーヒーのみを使用することで、マンデリンの中でも上質で独特な香りと甘みが特徴になります。


コーヒーチェリーの精製は、スマトラ式と呼ばれるインドネシア独特の方法でコーヒーを作っています。


通常、パーチメントと言われる殻が付いている状態で完全に乾燥し、脱殻することで生豆となるのですが、スマトラ式の場合は乾燥し切る前の、水分が含んだ柔らかいまま脱殻してしまいます。


その後、生豆の状態で完全に乾燥をさせることで、精選された生豆は特徴的な深い緑色で、独特なハーバルな甘みが増します。


まずは、何といってもマンデリン特有の「アーシー(土のような)」フレーバーが魅力的です。


パパイヤやマンゴーといったトロピカルフルーツのフレーバー。
アフターテイストにはパイナップルのようなキャラクターも感じられます。



洗練されたこのマンデリンをぜひ堪能してみませんか。


マンデリン・ブルーバタック・フタジュル(200g)
■価格:1,690円(税込)
▼ご注文数
▼豆の状態