コーヒーの通販は「珈琲きゃろっと」で



今回ご紹介する銘柄は、インドネシア・スマトラ島北部アチェ州アチェ・テンガ地区のマンデリン。


その中でも、特に標高の高い1300〜1600mにあるアトゥリンタン村の小規模生産者が持ち寄ったマイクロロットコーヒーをご紹介いたします。


このテンガ地区には活火山がいくつもあり、土壌は火山灰を含む非常に肥沃な黒土です。


この肥沃な土壌が、コーヒーに素晴らしいエキゾチックフレーバーを与えています。


また、この地方では、葉の茂みの内側にも日が差しこむような独特の樹形をしており、その点も特徴的なフレーバーを生み出す要因になっています。


テンガ地区を含むスマトラ島北部でコーヒーを生産している農家さんは、ほとんどがとても小規模で農業をしており、農園の平均所有面積は2ヘクタールほど。


それ以上の農園を所有する農家さんはとても少ないです。


年2回収穫期があるのですが、雨季が重なることが多く湿度が高いため、コーヒー豆の天日乾燥がとても難しい環境にあります。


小規模生産で手の行き届いた管理だからこそ、この豊かなフレーバーが醸し出されます。


今までのマンデリンにはない熟したパパイヤやパイナップを思わせるようなフレーバー。


ドライレーズンやナッツのような印象も。



インドネシアの豊かな自然が生み出した肥沃な黒土。


そして、アトゥリンタン村の農家さん達の丁寧な仕事とアチェの優しい日差しに育まれたマンデリンをお楽しみください。


マンデリン・アトゥリンタン(200g)
■価格:1,690円(税込)
▼ご注文数
▼豆の状態