コーヒーの通販は「珈琲きゃろっと」で
 
 
 
■コロンビア・ビビアナ・メナ
単品でご注文>>
■ブラジル・セーハ ダス トレス バハス→単品でご注文>>
■旬のブレンド「桜草」
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態
 
 ■コロンビア・ビビアナ・メナ(200g)


コロンビアの南部に位置するナリーニョ県。


アンデス山脈に囲まれた最南端の標高2,000メートル以上の山間に向いた山脈地にてコーヒーが生産されており、その数量はコロンビア全生産量の1%にも達しておりません。


ただ品質はコーヒーの原産国としても名高いコロンビアの中でも屈指です。


背景として、コロンビアを縦断する3つのアンデス山脈が1つに繋がる複雑な気候環境、ガレラス活火山を含む多くの火山から影響を受けた水はけの良い火山灰性の土壌があります。


また、比較的降雨量が少なく、土壌の栄養保持力が高い事や、日中の日差しが強く、高い標高から夜の冷え込みが強くなるため寒暖差で実が引き締まりフレーバーの特徴が出やすい事も
高品質なコーヒーを生み出す大きな要因に繋がっています。


そのナリーニョ県のレーラス火山の北に位置するラ・フロリダ市、チャウピローマ村から、ビビアナ・メナ氏を中心とする6軒の農家グループが生産したマイクロロットをご案内します。


標高の平均が1900から2000mとナリーニョ県のコーヒー生産地区の中でも最も標高の高い地区の一つであるチャウピローマ村の農園。


いずれもとても小さな農園ですが、各農家が丁寧に手摘み、精製、天日乾燥で仕上げています。


クリーミーマウスフィール。
アメリカンチェリーやラズベリーのフレーバー。黒糖のような甘さもあります。



ぜひお試しください。


 
 
 ■ブラジル・セーハ ダス トレス バハス(200g)
 


ブラジル・ミナスジュライス州、リオデジャネイロの北西部に位置するカルモデミナスは、ブラジル国内で有数のコーヒー名産地として知られる場所です。


土壌や標高などの環境だけでなく、この地域の素晴らしい点として各農園が皆、異なったキャラクターを持ち合わせているという事があります。


今回ご紹介するセーハ ダス トレス バハスも、風味豊かな個性を持った素晴らしいコーヒーを作り出しています。


この農園は、1866年にはじめてコーヒーが栽培され、現在のオーナーの祖父が1904年に管理をはじめました。


早くから品質改善にも着手し、現在では品種の選別、栽培方法、さらには収穫、生産処理のなど多岐にわたりその成果がに表れています。


肥沃な土壌、標高、光合成に必要な十分な太陽光線の量、適度な降水量は、スペシャルティコーヒーの生産には理想的な環境です。


その上、現農園主であるジャンケイラファミリーの生産者としての高い意識が融合し、素晴らしいコーヒーが出来ています。


幾度もコンペティションに入賞した経歴が何よりの証拠です。


ミルクチョコレートのようなキャラクターと
ブラウンシュガーを思わせる甘さが心地よいです。


クリーミーで滑らかなコーヒーをお楽しみください。



 
 ■旬のブレンド「桜草」(200g)
 


4月の旬のブレンドは「桜草」です。


桜草の花言葉にはさまざまな意味がありますが、そのひとつに「希望」という意味もあるようです。


この4月から新生活という方もいらっしゃると思いますが、このコーヒーが新しい希望が湧いてくるような、そんな1杯になるようにブレンドを作りました。


コロンビアをベースにして、バランスの良さと心地良い口当たり。
口に含んだ時に感じる明るい酸味は、希望の光を表現しました。



バランスの良い爽やかなブレンドで、春爛漫の空気感をお楽しみください。


 
■コロンビア・ビビアナ・メナ
単品でご注文>>
■ブラジル・セーハ ダス トレス バハス→単品でご注文>>
■旬のブレンド「桜草」
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態