コーヒーの通販は「珈琲きゃろっと」で
 
 
 
■ブラジル・サンタジューシー農園(200g)→単品でご注文>>
■コロンビア・パルマ農園 (200g)
単品でご注文>>
■旬のブレンド「夕涼み」
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態
 
 ■ブラジル・サンタジューシー農園(200g)


サンタジューシー農園は、ブラジルの産地の中でも高品質のコーヒーを生産する地域として知られている、サンパウロ州モジアナ地区のカッシアドスコンケイロスにあります。


この地域は、滝や川、そして豊富な原生植物が生育している高原地帯として知られる自然豊かな地域です。


また1,150メートルという産地標高が、コーヒー栽培にはとてもいい気候条件であることから、2010年にコーヒー農園として整備されました。


東京ドーム約65個分もある広大な農園では、7割以上の土地で、イカツやカツアイ、ムンドノーボの3種のアラビカコーヒーのみを生産しています。


今回は、この中からイエローカツアイをご紹介いたします。


通常、コーヒーチェリーは赤く熟すのですが、この品種は黄色に熟す希少な品種で、特に果実の糖度が高くなります。


収穫後は、ブラジルでも最先端の設備を持つ施設で処理されます。


パティオと呼ばれる天日乾燥用に作られたコンクリートの床で天日乾燥した後、機械式の乾燥機を用いることで、均一な豆に仕上げることを可能にしました。


また、甘味のある高品質なコーヒーを生産するため、パルプドナチュラルと言われるミューシレージ(果肉)
が付いたまま乾燥させる方法で作らるため、そのコーヒーは果肉の甘みをたっぷり含んだジューシーなコーヒーになります。


この献身的な取り組みにより、2013年にはサンパウロ州のコーヒー品評会で第2位を獲得しました。


その甘い香りと、バランスの取れた酸味、心地良く残る後味が特徴です。


クルミやアーモンドのようなキャラクター。


パルプドナチュラルの特徴がよく表現されていて、クリーミーで芳醇なコクとミルクチョコレートのような柔らかな甘みで、しっかりとボディのあるコーヒーです。


コーヒー作りに誇りを持ち、自信をもって送り出したサンタジュシー農園のコーヒーをぜひお楽しみください。


 
 
 ■コロンビア・パルマ農園 (200g)
 


コロンビアのスペシャルティコーヒーで注目の産地、ウイラで見つけたマイクロロットコーヒーをご紹介します。


この地域はアンデス山系の南部に位置します。


火山灰による肥沃な土地が点在し、山あいの谷が年間を通して安定した気候を維持するため、コーヒーの生育に完璧な環境を作り出しています。


5ヘクタール程の小さなこの農園を家族で経営するマルティニアーノ氏は、父親もコーヒー農家で、幼い時からコーヒー栽培を身近に見ながら育ってきました。


麻薬組織とコロンビア政府軍の内戦時には、家族を養うために別の土地で暮らしていたこともありましたが、自然環境保護団体の協力もあって、譲り受けた土地へ戻ってきました。


現在は妻と2人の子供と一緒に農園内に暮らしているので、2人の子供たちは学校から帰ると父親を手伝っています。


こうして、将来のコーヒー生産者へと成長していき、何世代にもわたって受け継がれていくのでしょう。

家族で丹精込めて作られたコーヒーは欠点豆もほとんどないクリーンなコーヒーです。


ウイラならではの香味の特徴が良く出ているこの豆に合うように焙煎も香味に寄り添うように仕上げました。


グリーンアップルやマスカットを思わせるキャラクター、ブラウンシュガーのような甘味がバランス良く纏まっています。


雑味無くクリーン、フルーティーな余韻が心地良いマイルドコーヒーです。


 
 ■旬のブレンド「夕涼み」(200g)
 


8月の旬のブレンドは「夕涼み」です。照り付ける太陽が沈み、北海道では少し肌寒くもなる夕方。


日中の猛烈な暑さからホッと一息つけるこの時間は、一日の疲れも忘れて、ゆっくりと過ごせる贅沢な時間でもありますね。


夏の爽やかな夕涼みに飲みたくなるような、心落ち着くブレンド。


コスタリカをメインに夏の暑さにピッタリな爽やかな酸味と円やかな口当たり。


ぜひお楽しみください。


 
■ブラジル・サンタジューシー農園(200g)→単品でご注文>>
■コロンビア・パルマ農園 (200g)
単品でご注文>>
■旬のブレンド「夕涼み」
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態